データ更新日付■公示地データ: 2024年1月
■基準地データ: 2023年7月
2024年5月X日(Y)==========
1.データ更新
==========
成約事例のデータを更新しました。

=============
2.投資用機能の追加
=============
メニュー[投資物件]→[収益計算]に機能追加しました.

========
3.不具合修正
========
(1)不動産売買計算の不具合
メニュー[不動産売買計算]→[購入]→[戸建]の新築時の支出合計の不具合を修正しました.
(2)不動産売買計算、レポートの不具合
建物が評価後0円になった場合、エラーがで出力されてしまう不具合を修正しました.
2024年4月27日(土)====================
1.PC版不動産マップの機能追加
====================
(1) 相場予想マップの初期画面を変更して、住所、土地面積のみ表示するようにしました.
・[相場検索]ボタンをクリックすると従来の画面が表示されます.

(2) 表示ヘッダー情報に最寄駅、徒歩時間を追加しました.
・最寄駅の[詳細]ボタンのルート計算が”表示中”となっているものが表示されます.


(3).不具合修正
・公示・基準のレポート機能で公示・基準の記号が表示されない不具合を修正しました。
・その他、駅名に小さいケと普通のケが混在しているケースや成約事例が同じ町名で表示されないの不具合を修正しました.

=========================
2.ここいくら?/スマホ版の不動産相場予想
=========================
(1) 土地相場オプションを展開表示し、オプション設定を設定しやすくしました.
2024年4月12日(金)・公示データ、行政区域データを更新しました。
・建物相場計算時の建物標準単価を更新しました。
2024年3月4日(月)=========================
1.ここいくら?/スマホ版の不動産相場予想
=========================
(1)更に詳細な相場予想を行うことが可能となりました.
・土地相場オプションを機能追加しました.
・土地の条件として、土地の形状、道路間口(接道)、角地の有無、前方道路 (方位、種類、幅員)の指定が可能です.
2024年2月2日(金)(1) 成約事例のデータを更新しました.
(2) 町域(町境界)のデータを更新しました.
2024年1月9日(火)
(2024 r1)
====================
1.PC版不動産マップの機能追加
====================
1.1 相場計算の手法を改良しました.

1.2 MAPPLE法務局地図を表示できるようになりました.
メニューの[公図]–>[MAPPLE法務局地図]で表示できます.

1.3 距離・面積の測定機能が追加されました.
メニューの[測定]–>[距離]、[面積]で測定できます.

1.4 公示・基準地情報の改良
[詳細]ボタンで表示されるダイアログを操作しやすいように改良しました.

1.5 その他
(1) 成約事例のデータを更新しました.
(2) 駅別乗降客数データを更新しました.
(3) バス停データを更新しました.
(4) 最寄駅データを更新しました.
(5) 用途地域の穴あきに関する不具合を修正しました.
(6) 「近隣商業地域」は、用途地域グループの「商業地域系」から「住宅系」へ。
(7)相場価格算出欄の出力順番を以下のように変更しました。
[現状]
<最寄駅>、<公示・基準>、<住所エリア>
[変更後]
<住所エリア>、<最寄駅>、<公示・基準>

=======================
2.スマホ版不動産相場予想(ここいくら?)
=======================
2.1 スマホ版のURLを変更しました。
[現状]
https://map.fudousan-tool.com/
(PC版は従来通り、上記のURLでご利用できます)
[変更後]
https://map.fudousan-tool.com/sp/

2.2 相場計算の手法を改良しました.

————————————————
※表示が正しくない場合、PCまたはスマホのキャッシュを削除してお試しください。
参考)https://map-doc.fudousan-tool.com/faq/
2023年10月4日(水)
(2023 r1)
====================
1.PC版不動産マップの機能追加
====================
1.1 売買計算
戸建、土地、売却、購入費用を概算計算ができるようになりました.
1.2 レポート
戸建、土地の相場のレポート機能が作成できるようになりました.
1.3 その他
(1)成約物件、売出物件などの調べやすくなりました.
(2)ハザードマップなどライフラインを調べやすくなりました.
(3)相場計算を従来より速く処理できるように対応しました.
(4)基準地価のデータをアップデートしました.
  (2023年7月時点のものにアップデート)
(5)不動産相場予想マップがβ版から正式版(2023 r1)になりました.

=======================
2.スマホ版不動産マップ(ここいくら?)
=======================
2.1 戸建、土地の相場計算ができるようになりました.
2.2 現地点の相場計算もできます.(GPS有効の場合)
2.3 その他
以下の基本情報もあわせて表示できます.
  用途地域、建ぺい率、容積率、最寄駅、標高など
2023年5月11日(木)
(Beta)
土地の相場計算に加え、建物の相場を計算することができるようになりました。